PS4版PUBGを買ってみた。PC版との違いと操作が激ムズな件

オンラインゲーム

PLAYERUNKNOWN’S

BATTLEGROUNDS

2017年3月にPC版として配信が始まり2018年5月にはモバイル版の配信、そのまま破竹の勢いで全世界のゲーマーを魅了し、2018年12月にはPS4版として発売されたゲームソフト。

『PUBG』はご存知だろうか?

何度落下してもドン勝できない私だが、僭越ながら今回PS4版を入手したのでPC版(以下、パソコン版)との違いとレビューを話したいと思う。

これからPS4版を購入しようとしている方は参考にしてもらえれば光栄だ。

1.PUBGとは?パソコン版との違いは?

今やYouTubeやニコニコ動画でも有名な『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ)』

略して『PUBG(ピーユービージー・パプジー)』だが、知らない人のために”ざっくり”と要点だけまとめる。

不要であれば『PS4版とパソコン版の違いは?

もしくは『【レビュー】ナンバーワンに挑戦したが…』まで飛ばしてもらって構わない。

スポンサーリンク

①:PUBGとは?

PUBGとは、2017年12月にSteamより正規版がリリースされた、オンラインバトルロイヤルゲームのことだ。

孤島へと降り立ったプレーヤーはフィールド内にある装備を駆使して、最大100人のプレイヤーの最後の1人になるまで戦い抜くこと目指す。

一定時間が経過するごとにフィールドが狭まるという緊張感の中、撃ち抜き、武器を奪い、時には逃げるなど、戦局ごとに異なった様々なバトルが楽しめる。

激戦を制し、見事ナンバーワンになれば『勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!』という、絶妙に間の抜けた日本語訳とゴロの良いワードが己の勝利を讃えてくれる。

(ちなみに”ドン勝”という言葉は、制作者による意図的なミスらしい)

『今日こそはドン勝だ!』『ドン勝食いにいこう!』というのがゲームを始める合図であり、皆この”ドン勝”を食べるために戦場へと足を運ぶわけである。

ちなみに英語訳ではWINNER WINNER CHICKEN DINNER!”となっている。

どうやら他の国の人は勝利後に”チキンディナー”を食べているようだ。

スポンサーリンク

②:PS4版とパソコン版の違いは?

ここで2018年12月に発売されたPS4版と既に発売されているパソコン版の違いを調べてみた。

ちなみに値段は両方とも3,300円(税込)で同一価格だ。

グラフィック

基本的にパソコン版のPUBGに求められる動作環境は、それなりにハイスペックなパソコンが必要だ。

2019年1月現在推奨スペック(パソコン版)

キャラクター、グレネードや火炎瓶などの投擲物による爆発・煙幕、バギーなどの乗り物、レッドゾーンによるランダムの空爆、エリア外の電磁パルスなど、描写するものが腐るほどある。

推奨スペックとは言うものの、動作最低限のパソコンでは、コンマ秒の争いに勝てないだろう。

仮に最高品質のグラフィックでストレスなくプレーするには、最新クラスのゲーミングパソコンが必要だ。

…さて、下の画像はPS4版とパソコン版を比べてみたものである。

まずはPS4版の画像だ。

PS4版(ポチンキにて)

そして、下がパソコン版(オールウルトラ品質)

パソコン版(ポチンキにて)

比較すると全く違うことがわかる。

植生の鮮やかさ、建物毎の境目や影、遠距離の描写、パソコン版の方が鮮明でシャープなのは言うまでもない。

正直、『俺はキレイなグラフィックしかやらん!!』という人はパソコン版をオススメする。

ただし、オールウルトラ品質でのプレイは、ウン十万というゲーミングパソコンが必要なのは前述のとおり。

まぁ、3,300円という低価格で、このクオリティであればPS4版でも十分楽しめるものである。

そもそもPUBG自体が”クオリティの高いゲーム”なので、PS4proでもグラフィックが劣化してしまうのはしょうがない。

どちらも一長一短あるが、自分の持っているハードやパソコンのスペック、お財布事情で考えるのが良いのだろう。

スポンサーリンク

フレームレート(fps)

ここでいう『fps』というのは『Frames Per Second』(フレームレートの単位)の略称を指し、『First Person Shooter』(一人称視点のシューティングゲームの呼称)の略称ではない。…ややこしいね。

フレームレートが30fpsしかないため『動作がカクカクする』という声がある。

フレームレートを話し出すとそれだけで記事ができるため省略するが、簡単にいうと『値が高いほど動きが滑らかで低いほどパラパラマンガのようにカクカク見える』というものだ。

パソコン版では、グラボやモニターの仕様で、最大144fps(現在は無制限fps)でプレイする輩も多い。

そう考えると、30fpsは確かに低いし…。

特に今までパソコン版でプレイしていた人には、カクカクぬるぬるしているように感じてしまうだろう。

ただ、ここは”そういう仕様”として、妥協せざるおえない。ゲーム上そういう仕様で出来上がっているのだからしょうがない。

ま、あえてPS4版を擁護するならば、2014年までのYouTubeの動画が30fpsまでだったのだが、見てて不満はあっただろうか?

『そうなの?よくわからないけど違和感なかった』という方が多いのではないだろうか?

所詮そんなものである。

この辺りは人によって見解が異なるところだが、個人的には”慣れでどうにかなるレベル”だと思う。

操作

PS4版のPUBGは何よりも操作に苦労する。

下の画像はパソコン版のインベントリだ。

必要なものをドラッグ&ドロップ(もしくは右クリック)すれば簡単に装着・取り外すことができる。

パソコン版インベントリ

次にPS4版のインベントリである。

キャラクター名の表示や配置など、微妙にマイナーチェンジしているものの、見た目的にはあまり変化がないようだ。

PS4版インベントリ

縦軸は『周辺のアイテム』、『保有しているアイテム』、『装備している服』、『装備している武器』で構成されており、L1orR1押して移動、横軸は十字キーorジョイスティックでアイテム変更する仕様となっている。

この説明を聞いてもピンとこないと思うが、まぁそういうことなのだ。

…何もかも思うようにいかない。

焦って他の武器やアイテムと交換してしまったり、通り過ぎて不要な物を拾ったり、見当違いのことをしてしまう。

操作だけで言えば、もはや別のゲームと考えていい。

アイテム収集には時間をかけたくないものだが…。

2.【レビュー】ナンバーワンに挑戦したが…

さて、今回プレイしてみて圧倒的につまずいたのが、やはり操作性だった。

もう何度言っても言い足りないくらいヤバい。

元々PUBGは『100人のナンバーワンを決める』ことからフィールドが比較的広く、戦略性が高い分キャラクター操作が複雑になっている。

パソコン版ではキーボードとマウスを使うことができたが、それをコントローラー1つで操作するのだから大変だ。

『しゃがむ』『伏せる』『ジャンプ』『物を拾う』『弾を込める』など、基本的な操作ですら思うように動かない。

下の図は2パターンある操作方法の1パターンである。

PUBG操作ガイド(タイプB)

PUBG操作ガイド(エイム中)

パソコン版ではマウス片手で出来る『相手に照準を合わせて撃つ』動作も、PS4版では左手でL2(エイム)、右親指でジョイスティック(照準合わせ)、右中指でR2(発射)を押す必要がある。

『絶対に死ねない』という緊張感の中で、操作ミスほどイライラすることはない。

当然、敵もぼーっと突っ立っているわけではなく反撃してくるのだ。

建物や木に急いで隠れないといけない場面もある。

手榴弾で不意を衝きたい時もある、スモークグレネードで視界を遮らないといけない時もある。

必要に応じて回復する場面も出てくるだろう。

リーン(覗き込み)して狙撃しなければ私がやられてしまう。

これらは”ドン勝”するために押さえておきたいテクニックだが…、

 

まっったく出来ない!!!

モタついて殺されて終わりである。

 

PS4版のコールオブデューティーシリーズをプレイするので、ジョイスティックでのエイムは抵抗ないはずだったのだが…

FPSとTPSの違いなのだろうか?

全ての操作が複合すると『あぁ…これは難しいわ』という印象。

基本的にマップや武器や乗り物はパソコン版と同じなので、既にパソコン版でドン勝を食しているプレーヤーにとっては有利に働くだろう。

ただし、地の利を活かせても、技術が追い付かない状況になることは間違いない。

…結局は”慣れ”ということだろうか。

 

最近では『エイムリング』というエイム制度が向上するコントローラー用アタッチメントも存在する。こういうものを使えばひょっとすると良いのかもしれない。

プロゲーマーチームも使用しているらしいが…もし使用した方がいれば感想を教えてほしい。

 

さて、これだけ不満もあるPUBGだが『じゃぁつまらないのか?』と聞かれると、

これが、めちゃくちゃ楽しい。

操作が難しいなんて関係ない、ただ練習すれば良いだけ。

画質が粗いなんて関係ない、それでも綺麗じゃないか。

カクカク動くなんて関係ない、全員同じ状況だから。

『間違いない面白さ』これがPUBGの強みである。

 

…なによりPS4版PUBGが発売してまだ一か月程度。

『あれ?これボットじゃないの?』というくらいポンコツな動きをする輩がいるので、安心してほしい。

 

結局スタートは皆一緒なのだ。

 

慣れるまで時間はかかるが、流行りのオンラインゲームでもあるので興味がある人はやってみてほしい。

絶対に負けられない戦いがそこにある。

是非一緒に”ドン勝”を目指そうじゃないか。

コメント