夏を感じる飲み物8選!

ライフスタイル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日猛暑が続いていますね。

ちまたじゃ『災害レベルの暑さ』なんて言われてますが、なんと2100年には東京でも43度を超える気温になるそうな…。

おいおい、まだ上昇するのかよと、げんなりしちゃいますよね。

…そう肩を落としていても、この暑さがなくなるわけじゃありません。

暑い夏だからこそ、冷たい飲み物がいつも以上においしく感じるんです!

ガバーッ!と飲んで、暑さとストレスを吹っ飛ばしちゃいましょう!!

 

 

 

夏を感じる飲み物8選!

 

1最強!?夏こそ甘酒!

甘酒ってすご~~~く栄養満点!

『飲む点滴』と言われているのはとても有名ですが、俳句においては夏の季語になっている飲み物なんですよ!

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖など、10種類以上の栄養素、含まれていて、疲労回復や熱中症の予防、風邪の予防に、腸内環境の改善…と、めちゃくちゃ体に良いんです!

また、米こうじに水分を加えて発酵させたシンプルな飲み物なので、グレープフルーツと合わせてホロ苦テイストにしたり、牛乳を入れてマイルドにするなど、アレンジが無限にあるところも魅力ですよね。

夏バテ防止に積極的に飲みましょう!

夏の甘酒は至高の逸品ですよ。

 

 

2.ごめんなさい、生ビール!!

やっぱり生!とりあえず生!!

夏と言えば、ビアガーデンにBBQ、お祭りに花火、たくさんの催し物がありますね。

唐揚げや枝豆と一緒にキンキンに冷えたビール!

何と言おうと、うまいもんは、うまいんです(笑)

最近では、カロリーオフ・糖質ゼロの商品も販売されているほか、クラフトビールの種類も増えてきたので、様々な風味や香りが楽しめますよね。

夏といえばコレ!夏じゃなくてもコレ!(笑)

皆でワイワイ飲むも良し、一人でゴクゴク飲むも良し!

これを飲まなきゃ何を飲む。夏にビールはかかせません!!

 

 

 

 

3そうは言っても、コカ・コーラ!!

これは、もう王道ですね!

アメリカが生んだモンスタージュース!強烈な炭酸にはアメリカのがこめられてます。

ピザ・ハンバーガー・ポップコーン…最近の若者は寿司と一緒にコーラを飲むとか!?

…合わない食べ物が見つかりません。

刺激最強、甘さ最強、クールに飲んでハジけりゃ最高!!

これ飲んで最高の一日にしちゃってください!!

 

 

 

 

4これしかないでしょ!瓶ラムネ!!

この透明感には寒さすら感じます。

見て爽快、飲んで爽快、程よい甘さと酸味の中には瓶ラムネの歴史がたくさん詰まっていることでしょう。

江戸、明治、大正、昭和、平成と、まだまだ現役、どれだけ突き進むつもりなんだ!?

夏の風物詩の座は…譲れません。

今夜、夏の思い出に瓶ラムネで涼んでみてはいかがしょうか?

 

 

 

 

5外しちゃダメ!カルピス!!

友達の誕生日会には必ず置いてありました。

いつの時代も人気者!これさえ飲めば間違いがありません!

自分で作るタイプも、既製品も、本当おいしいですよね~。

…実はカルピスに含まれる乳酸菌は『お腹の調子を整える』以外にも、免疫力を高めたり、質の良い睡眠、そしてなんと、美肌効果まであるそうです

美肌になれるなんて嬉しいですね!

最近では、一日分のビタミンやカルシウム・鉄分が含まれている商品もあって、プラスアルファで栄養補給ができちゃうみたいです。

毎日の生活に、一日一杯カルピスを取り入れてみましょう!

 

 

 

 

6.やっぱり安心!麦茶!!

みなさまのお待ちかね、麦茶でございます。

家に帰って冷えた麦茶があると、グビグビいっちゃいますよね。

実は麦茶には『ミネラル』だけでなく、『アルキルピラジン』という血液をサラサラにしてくれる成分や、『ギャバ』という成分でイライラを鎮める作用もあるんです!

しかも、カフェイン成分が含まれていないため、就寝前や幼児が飲むのにも適してる、やさしい飲み物なんです!

イライラして落ち着きたい時、そっと飲んでは安心しておやすみくださいませ。

 

 

 

 

7.運動後のクールダウンに!スポーツドリンク!

あつーい夏の日差しスポーツドリンクだけは負けません!!

スポーツドリンクのすごいところは、汗をかいて失われた水分とミネラルを効率良く補給し て、なおかつ体に負担をかけないように吸収させることを目的に作られているため、運動後の吸収力はハンパじゃない!

加えて、塩分とアミノ酸などの電解質が含まれているため、取り入れれば体のバランスを整えてくれます。

熱中症や脱水症状を防ぐだけでなく、疲労を遅らせ、ハイパフォーマンスを発揮するためにも、必ず接種しておきたい飲料ですね。

ただし、汗をかくことを想定して作られた飲み物なので、おいしいからといって飲みすぎてしまうと、逆効果になりますので注意してください!

 

 

 

8.最後は結局、オリジナルドリンク!?

もう、行きつく先はこれ!!(笑)

忖度なんていたしません、好きなものだけ作って飲めば良いんです!

…例えば、リンゴ酢と蜂蜜にレモン汁を加えて、さっぱりリンゴ酢ドリンク!

そこに炭酸を入れればシュワッっと元気なテイストに早がわり。

黒酢に梅と氷砂糖を入れて寝かせれば、梅の黒酢ドリンク!

梅の風味が爽やかで、とっても美味しいんですよっ。

この夏はオリジナルドリンクで夏バテ知らずになりましょう!

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

夏は暑い分、冷たい飲み物がおいしくなる時期でもあります。

また、水分の取りすぎは体に良くないですが、適度に飲めれば、

夏バテ防止やストレスの発散を、より一層感じ取れる時期でもあります。

飲み物と一緒に最高の夏を作りましょう!!

コメント