ファイテンメタックスEXクリームの効果と使い方!ローションとの違い。肩こり・腰痛、顔には使える!?

ライフスタイル

『Phiten METAX EX CREAM/ファイテンメタックスEXクリーム』

ファイテン株式会社が製造・販売しているボディケアクリームの一つである。

ファイテンと言えば、松坂大輔選手、羽生結弦選手など、数多くのアスリートが愛用しており、特許技術である水溶化メタル技術によって作られる”アクアメタル”は、同社をライバルのいない唯一無二の企業として飛躍的に成長させた代表的な成分にして”最強の武器”となっている。

そこで今回は、そんなファイテン製品の一つである『メタックスEXクリーム』を実際に使った感想(レビュー)と、似たような製品である『メタックスローション』を比較したいと思う。

どちらか悩んでる方は参考にしてほしい。

また、メタックスローション単体については、以前に紹介したことがあるので、興味があればこちらも参考にすると良いだろう。

1.メタックスEXクリームとは?

商品名メタックス EXクリーム
内容量50g
配合成分水、オレイン酸オレイル、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、パルミチン酸エチルヘキシル、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、マイクロクリスタリンワックス、プロパンジオール、酸化チタン、パラフィン、グリセリン、イソステアリン酸ソルビタン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリベヘニン、ジステアルジモニウムヘクトライト、シリカ、水酸化AI、ステアリン酸、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、塩化Na、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、フェノキシエタノール、オレンジ油、ベルガモット果実油、サッカロミセス溶解質エキス液、ユズ果実エキス、キサンタンガム、BG、コロイド性パラジウム、炭酸Mg、マイカ、合成金雲母、コロイド性金
販売価格(税込)2,916円
スポンサーリンク

妙にカッコ良い商品名だと思うのは私だけだろうか?

『メタックス EXクリーム 』とは、多くの著名アスリートが愛用していることでも有名なファイテン株式会社が製造・販売しているボディケアクリームのことである。

適量を手に取り、気になる部位に馴染ませることで、角質層までの美肌浸透、エイジングケア、マッサージ効果などが期待できるほか、肩こり・首こり・腰痛、人によっては片頭痛の緩和にも効果があったという話もある優れものだ。

もちろん顔に塗ることもできる。

さて、この商品の大きな特徴としては、ずばり”撥水タイプ”のクリームであることだろう。

水がかかるとクリームが溶け落ちるという水溶性の難点を克服したもので、汗をかきやすい屋外スポーツはもちろん、水泳やシンクロなどのウォータースポーツ、あるいは水仕事でもしっかり水を弾き、効果が持続するよう設計されている。

ゆえに、運動前のボディケアに特化したクリームとして使うのがベターだ。

個人的には肩・首、肩甲骨まわりに馴染ませると結構”効く”ので試してみてほしい。

EXクリームを手につけた様子

クリームは多少ベタつきがあるものの気になるほどではない。

しかし内容量が50gと少なく、特筆して伸びが良いわけではないので、当ブログで紹介したメタックスローションと比べると広範囲への塗布には向いていない。

以前までは日焼け止めがわりに塗るという人もいたのだが、残念ながら2018年4月よりUVケア成分(SPF25、PA++)の配合が無くなったので注意してほしい。(いまだにあるように説明してるサイトも多いので…)

やはり、運動する直前の”準備体操の一つ”に取り入れるのが良いのだろう。

…余談だが『メタックス』とは単に”歯切れの良いワード“だから使用しているわけではなく、ファイテン独自の技術(水溶化メタル技術)によって『各種金属をナノレベルで水中に分散したもの』の呼称であり、個々の金属が持つ特性を利用することで『私たちが本来持っているチカラを引き出す』…というもの。

その特性にピンとくる人はそんなに多くないと思うが(私も含めて笑)、『メタックスパワー!』とか『メタックス配合!』なんて、ダサカッコ良いキャッチコピーで販売しているのは『メタックス』に対する自信の表れというわけである。

メタックスEXクリームにも、もちろんその”メタックス”が配合されている。

公式サイト:ファイテン

2.メタックスローションとの違いは?

マッドブラックなパッケージは”EX感”をイメージしたのだろうか?

良くも悪くも、メタックスローションの明るいパッケージとは購入者に与える印象が異なるに違いない。

商品名メタックスローションメタックス EXクリーム
内容量120ml~1,000ml50g
配合成分BG、パルミチン酸イソプロピル、スクワラン、マルチトール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、コロイド性金、ナイロン-12、オレンジ油、エトキシジグリコール、ポリソルベート60、コロイド性パラジウム、メチルパラベン、フェノキシエタノール、酢酸トコフェロール、マイカ、プロピルパラベン、リンゴ酸Na、リンゴ酸、ペンテト酸5Na、ブチルパラベン、合成金雲母、エチルパラベン、炭酸Mg、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、オレイン酸オレイル、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、パルミチン酸エチルヘキシル、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30、マイクロクリスタリンワックス、プロパンジオール、酸化チタン、パラフィン、グリセリン、イソステアリン酸ソルビタン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリベヘニン、ジステアルジモニウムヘクトライト、シリカ、水酸化AI、ステアリン酸、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、塩化Na、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、フェノキシエタノールオレンジ油、ベルガモット果実油、サッカロミセス溶解質エキス液、ユズ果実エキス、キサンタンガム、BGコロイド性パラジウム炭酸Mgマイカ合成金雲母コロイド性金
販売価格(税込)1,296円~4,320円2,916円

※黄色マーカーは同一成分

比較すると配合成分は結構異なっているようだ。

まぁ、ローションとクリームでは物が違うので当たり前といえば当たり前だが、どちらもメタックスを使ったセルフボディケアという意味で目的は同じなのだ。

特徴①:メタックスEXクリームは水を弾く!

さて、『1.メタックスEXクリームとは?』で紹介したとおり、メタックスEXクリームの大きな特徴は”高い撥水性”があることだろう。

つまり、ランニングをして汗をかいても、海やプールで泳いでも、水で濡れてしまうような仕事をしても、クリームが落ちずに効果が持続するというわけだ。

効果というのは、角質層までの美肌浸透、エイジングケア、マッサージ効果などだが、肩こり・首こり・腰痛、そして片頭痛にも効いたという話もある。

百聞は一見にしかず。メタックスローションとメタックスEXクリームを塗って、水に濡らしてみたのでご覧いただきたい。

①メタックスローションをつけた様子

弾いてはおらず、水で洗えば落ちてしまう。

②メタックスEXクリームをつけた様子

▲弾いてるのが見えるだろうか?『見にくいわ!』というそこのあなた。…すみません。

水滴が玉状になり、しっかり弾いてくれている。一振りすれば水滴は飛んでいくだろう。

クリームが落ちにくいということは、当然、持続時間が長いということでもあるわけだ。

…実はメタックスEXクリームは、シンクロナイズドスイミングのリオ五輪で銅メダルを獲得した『マーメイドジャパン』のボディケアとして開発された経緯がある。

(※2017年7月から『アーティスティックスイミング』に種目名変更)

シンクロ日本代表”井村雅代”ヘッドコーチは『シンクロは「美」を競うスポーツ、会場に入ってからが勝負、身体が不調でもテープは巻けない。』そう考えていたそうだ。

シンクロは採点競技ですから会場に入ったときからが勝負です。カラダに不調があるからといってテープを巻いたりは出来ないわけですよ。だからファイテンのボディローションは昔から良く使っていましたね。(中略)…縁があって平田社長とお会いすることができて、そんな話をさせて頂いたら私たちの為に商品を開発しましょう!と仰って頂いて、ボディケアクリームを2015年の世界選手権に間に合わせてもらったんですよ。
※ファイテンホームページより引用・抜粋

そこで、ボディケアでサポートしていたファイテンは、このメタックスEXクリームを開発したわけである。

…つまり何が言いたいのかというと、日本代表のシンクロで採用されていたくらいなので、その効果は”折り紙つき”ということだ。

スポンサーリンク

特徴②:たくさん消費しやすい!

コテッとして肌に伸ばすことの出来ないEXクリームは、ずばり広範囲の塗布に向かない。

ローションは5円玉程の量で手から腕にかけて塗れるが、EXクリームはせいぜい手首までが限界。

塗り終わったあともローションはサラサラしているのに対し、EXクリームはいつまでもベタつきが続く感じだ。

気になる人は気になるかもしれない…。

値段もそこそこする割に内容量が50gと少ない。

そしてどういう訳か、このサイズしか販売していない。

特徴③:香りが良い!

匂いはどちらもオレンジベースの良い香りだが、EXクリームはベルガモットやユズ果実エキスも加えられているため、気持ちサッパリ感が増しているように感じる。

爽やかで、女性ウケは良さそうだ(笑)

 

3.まとめ

コスパを考えるならば、運動する前だけメタックスEXクリームでパフォーマンスを高め、日頃の身体のメンテナンスにはメタックスローションでマッサージする方が良いのだろう。

どちらも一長一短あるところだが、ボディケアとしては十分に効果を実感できたので、気になる方は試してみてはいかがだろうか?

ポイントが貯まりやすい公式サイトで購入するのもオススメだ。

特にファイテンの商品は、フランチャイズだろうが、アマゾン・楽天だろうが正規価格…つまり定価での販売を徹底している。

ゆえに送料やキャンペーン等で付与されるポイントを比較しどこで購入するか検討する必要がある。

新規登録がすこぶる面倒だが、通常会員で常に2%(ゴールドなら10%)のポイント還元率がある公式サイトは登録しておいても損はないだろう。

公式サイト:ファイテン

コメント