月の土地、火星の土地を買う!気になる値段と評判は?プレゼントにオススメ!

ライフスタイル

…とかいいつつ、火星の土地は現在販売休止中のようです。

火星移住は現実味を帯びてきたから休止したのかなぁ。

どうも皆さんこんにちは!

決めたらすぐ.com管理人のとめきちです!

 

『ルナエンバシージャパン』

月や火星の土地を販売しているアメリカ法人の日本代理店ですが、皆さんご存じでしょうか?

月の土地を買った芸能人といえば、福山雅治さんや元SMAPの香取慎吾さん、俳優の鈴木亮平さんは誕生日のプレゼントで貰ったそうですね。

その物珍しさから以前テレビで特集されていましたが、実は私も友人に”月の土地”をプレゼントしたことを思い出したのでご紹介したいと思います。

値段も2,700円(税込・送料無料)ですから、ちょっと変わった贈り物として、父の日、母の日、友達や恋人の誕生日プレゼントとして考えてみてはいかがでしょうか?

かんてつ
かんてつ

なんだかワクワクする話だね

公式サイト:株式会社ルナエンバシージャパン

1.ルナエンバシージャパンって?

そもそも、『ルナエンバシー』とは、アメリカネバタ州に本社を置く法人の名称で、月や火星の土地を販売している、一風変わったロマンチックな会社です。

ルナエンバシー(英語:The Lunar Embassy.LLC)とは、月をはじめ、火星、金星などの土地を販売し、その権利書を発行する地球圏外不動産業(と称したサービス業)を行っている企業である。

出典:Wikipedia-ルナエンバシー

月、火星、金星にある土地を販売している“地球圏外不動産屋”さんが、『ルナエンバシー社』ってことですね。

そして、そのルナエンバシー社の日本代理店が『株式会社ルナエンバシージャパン』ということです。

今はネット通販で何でも買える時代ですからね。

ワンクリックで”月の土地”が買えちゃうわけです笑。

世の中不思議な会社があるものです。

ちなみに、以前までは火星の土地や金星の土地なんかも購入できましたが、現在は販売を休止している模様…。

最近じゃ火星探査機による調査の進展、2019年4月には火星地震の初観測があったみたいですから、火星移住が現実味を帯びてきたことが販売休止の理由でしょうかね?

スポンサーリンク

2.なぜ”月の土地”を売れるの?

もともと『月は誰のものか?』ということに疑問を持ったアメリカ人のデニス・ホープ氏(現:アメリカルナエンバシー社CEO)が当時の法律を調べ上げ、“国家の所有”は禁止されているが、”個人の所有”には言及していないという盲点をついて行政機関に所有権を申し立てたところ、正式に受理されたことが土地販売のきっかけになったようです。

同氏は月の権利宣言書の作成、各関連機関への提出を行い、それらに対する異議が無かったことを受け『ルナエンバシー社』を設立、そして土地の販売に至ったとのことですが…

これ、1980年代の話ですって。

さすが自由の国アメリカ、…なんて無茶苦茶な、鋭い思考を持っているのでしょうか笑。

ちなみに、地球から見える表面部分の約55億エーカーが販売対象で、土地の場所や形の指定はできないとのこと。

『人類の利益』ということで、アポロが着陸した土地も買えません!

…ま、なんにせよ、ルールに乗っ取って販売しているので合法(とのこと)です!

スポンサーリンク

3.どんな商品があるの?

月・火星・金星などの各天体の土地や、それらに関するギフトカード、ペンなどの関連商品、あとは天体望遠鏡なんかも売っています。

ただ、ルナエンバシーといえば、やっぱり土地です!!

なにせ『地球圏外不動産業』を生業としているわけですからね~。

買うなら土地!やっぱり不動産でしょう!笑

ちなみに、土地は1エーカー(約1,200坪)から販売されています。

1エーカーはサッカーグラウンド1つ分なのでかなり広い!

…関係ないけど、熊のプーさんは『100エーカーの森』に住んでるみたいですね。

①:『月の土地』



【商品内容】
・月の土地権利書/月の憲法/月の地図
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

【サイズ】
権利書:縦35.5cm×横28cm
オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

【価格】
2,700円(税・送料無料)

詳細はこちら

②:『火星の土地』

※2019年現在、販売休止中

【商品内容】
・火星の土地権利書/火星の憲法/火星の地図
・火星の土地権利書(和訳・A4)/火星の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

【サイズ】
・権利書:縦35.5cm×横28cm
・オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

【価格】
3,000円(税・送料無料)

詳細はこちら

③:『金星の土地』

※2019年現在、販売休止中

【商品内容】
・金星の土地権利書/金星の憲法/金星の地図
・金星の土地権利書(和訳・A4)/金星の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

【サイズ】
・権利書:縦35.5cm×横28cm
・オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

【価格】
3,000円(税・送料無料)

詳細はこちら


他にも色々ありますが、とりあえずメインだけ掲載してます。

月にしても火星にしても金星にしても…

びっくりするぐらい値段が手ごろなので、そんなに悩まず購入できるのは魅力的かもしれないですね。

購入すると土地の権利書やオーナーズカードが付いてくるほか、購入した土地がどの位置にあるか目印がついたマップも貰えます。(※セット内容によって異なる)

『あぁ、あそこに自分の土地があるんだなぁ…』なんて考えると、夜空を見上げることが楽しくなってくるのではないでしょうか?笑

4.実際のところ評判は?

やっぱり珍しい商品ですから皆さん嬉しそうですよ笑
私はプレゼントした方ですが、『ついに俺も土地持ちか~』なんてやり取りが楽しかったのを覚えてますから笑

かんてつ
かんてつ

ゲームキャラにプレゼントするという手があったのか…!!

スポンサーリンク

5.詐欺じゃないの?

この手の商品で、詐欺にあたるかどうかを考えると深みにハマること間違いなしですが…。

『購入した土地に本当に住めるのか?』というと、正直ちょっと無理があるかもしれませんね。

こんなこと言っちゃアレですが、もはや同じ土地を二重で売ってても調べようがないですから笑

ちなみに、ルナエンバシージャパンのQ&Aにこんな回答があります。

Q:権利書に有効期限はありますか?

A:ルナエンバシー社の権利書には、有効期限はございません。
一度ご登録頂いた方の権利は、米ルナエンバシー社が、将来にわたってその権利を主張していくことになります。
しかしながら、遠い将来、月や火星に現実的に人々が行くようになった時点で、米ルナエンバシー社の主張する権利に対して世界的なコンセンサスが得られるかどうかの保証もございません。
従いまして、「月の土地」「火星の土地」は、私たちの日常生活の中の土地所有や土地売買の延長でお考え頂きますと無理のある商品でございまして、私ども日本代理店と致しましては、夢のある商品ということで日本の皆様にご紹介させて頂いております。

つまり『土地の権利は購入した人の物で、ルナエンバシー社は今後もその権利を主張するけど、将来的にみんなが納得するかわからない』ってことですね。

月って小さいですから…。

『全人類は明日から月に引っ越しですよ、でも土地持ってない人は入っちゃダメよ』なんて言われても困っちゃいますよね。

ここに書いてある通り、日常生活の中の土地所有や土地売買の延長で考えると無理のある商品ってことでしょう。

…ちなみに、不動産として売買することができるのか?ということを疑問に思われる人もいるみたいですが、不動産売買も需要と供給のバランスですからね。

転売して爆儲け!と、将来そういう日が来るかもしれませんが、その手の質問は…

 

 

ヤボですね

えぇ、ヤボです笑

6.ルナエンバシーの結論(まとめ)

個人的には『夢やロマンを買える』とてもオシャレな商品だと思います!

もしかすると私たちが生きているうちに、月や火星に行き来できるような世界が訪れるかもしれません。

『月に住んだら何しようかな?』『火星の土地にどんな家を建てようかな?』そんな思いを馳せるのが、ロマンチックで楽しいんじゃないでしょうか?

あまり深いことを考えずに、ワクワクする気持ちが大切ですよ!笑

公式サイト:株式会社ルナエンバシージャパン

コメント