スマホゲーム『私、転がります。』がカオス!wwwあなたは攻略できる?

オンラインゲーム

2017年11月…自ら転がる生首を操り、叫びながら前進するという謎のゲームがリリースされた。

凡そ常人には理解不能な内容だが、どうやらこの生首は自転しながら前進し、歳を取ることが出来るらしい。

そう、つまり”彼”は生きているようだ。

何を考え、何の為に転がり続けるのだろうか?

…彼が生きてきた軌跡を自分と重ねると、このデタラメなゲームが急に意味を持つように感じるかもしれない。

何歳まで生かせるかはあなた次第、

静と動が交錯するドラマチックな頭アクション…

カオスでシュールな世界を堪能あれ。

ツルツル、そしてツルピカ。

毛根一つも見えないほど綺麗に剃りこまれたその頭は、まるで水晶玉のように凹凸のない曲線美を生んでいる。

スッと通った鼻筋、整った眉毛、堀が深く一目で色男だとわかるその容姿。

あぁ…、髪があったらさぞモテたことだろう。

スポンサーリンク

そんな頭こそ、いや彼こそ、スマホゲーム『私、転がります。』の主人公であり、めくるめく奇妙で愉快な世界を届けてくれる水先案内人なのである。

▲あぁ、常人には決して理解できない世界観だ。

このゲーム、2Dの横スクロールアクションだが、操作方法は”タップするだけ”と、非常にシンプルな仕様になっている。

顔面が地面に埋まっている状態からスタートするわけだが、これはまだ彼が生まれる前の状態。

狂気の沙汰としか思えないが、なにも心配する必要はない。

指示通り画面を長押しすると、『あぁぁあああ!』という絶叫と共に勢いよく頭が飛び出し、弧を描くように宙を舞い地面に落下する。

そのままグルグルと時計回りに転がり始めたら、いよいよゲームスタートだ。

スポンサーリンク

▲トラウマ待ったなし。

タップしている間はずっと叫んでいる。

この叫ぶ勢いを利用して飛んだり、ブレーキをかけたりするのだが、単純なように見えて意外とコツがいる。

頭は常に一定のスピードで回転しながら前進し、口とは逆方向に向かって進むため、叫ぶタイミングを間違えると穴に向かって飛んでいってしまう事もしばしば。

叫びながら穴に落ちていく姿はなんともシュールであり、さながら人の人生の儚さすらも想像してしまうだろう。

▲ゲームオーバー画面には『享年』の文字が…。

穴に落ちると、遺影と共に彼の年齢と辿った歴史を振り返ることができる。

…彼の生涯を追った一つの物語が完結したのだ。

5歳『盲腸で入院する』

6歳『社長を退任し、代表権のある会長に就任する』

8歳『サッカー日本代表に選出される』

ツッコミ所満載なのは否めないが、

…かなり激動の人生だった事は間違いない。

実はこの歴史はゲームを進める歳を毎に、画面の右手側、彼が進む方向よりエンドロールのように流れてくる。

ゆっくりと転がりながら、ガムシャラでも”落とし穴”という障害を避け続ける姿は、俗世界で必死に生きている私たちを投影しているようだ。

大きい落とし穴もある。勢いだけでは飛べない時もある。

時には一度立ち止まる時もあるだろう。

『ああああああああ!』という叫びは、無我夢中に生きる彼の魂の叫びなのかもしれない。

ぜひプレイしてほしい。

スポンサーリンク

コメント